自爪用のベース。

ボトリングネイルというベースコートがあります。

 

 

内容成分は、ほぼ精油にセラックという

樹脂が入っているという斬新なもので

ネイルの問屋さんなどには置いていません。

置いてるのかな。。。

私は、見たことがありません。

(問い合わせれば似たものもあるのかもですが。)

 

この商品、ベースコートというよりは。。。

持続性のあるオイル

という方が私にはしっくりくるのですが

私もネイルを自爪に戻した時など

マメに塗って爪割れを防ぎました。

オイルなどは、高価なものをすり込んでも

すぐに浸透して爪の保護にはならなかったり

服についたり、手を洗ったりして取れてしまう。

かといって、爪を丈夫にする系のベースコートなどは

厚付きなのが多いので、乾きづらいし

塗り重ねるとあまり綺麗じゃないですしねえ・・・。

この商品はセラックにより

1~2日程はそこに留るっていうもので

爪への潤いを保持しながらも

かなり薄付きに少し留まるという具合が

絶妙で良いと思うのです。

 

あと、ニッチな需要としては

ジェルの練習やお試しするよっていう

ネイリストさんたちにも良いかと。

お客様に施術する前に

自分の爪で練習することって多いと思うんですよ。

(私もそうなので。)

新しい基材試したり

アート試して取れやすかったりしないか

流行ってるけど、引っかかりそうだなあとか

自分にわかる範囲で試しときたいですよね。

そうすれば、お客様に

「こういう時、こうでした。」と

注意点などをご報告できるわけです。

そんなときのジェルベースの下地に最適です。

当然、施術前の塗る範囲により

ジェルはがれ方が変わります。

しっかり持たせて、オフの時のみ

ポロッと取りたいのであれば、真ん中に点置き。

付けてすぐ目にオフするなら

爪の全面に塗ってしまうという感じです。

もちろん、手の使い方やオフの時期などにより

取れ具合も変わってくると思います。

 

昨年のコロナによる自粛期間の時

必要だなと思えるお客様にはお渡ししました。

今の時期は、私自身ペディキュアなどを

少し休ませるときなど

ジェルオフの後の足爪を短くカットして

1週間くらい、このベースを塗布して過ごしています。

その際、1~2日に1度くらいは塗っています。

 

もうひとつ、今試しているのが

手にジェルをつけていて伸びてきてしまったとき

甘皮ライン付近とジェルの上から

ざっくり塗れないか、という事です。

成分がほぼオイルなので伸びてきてしまった

ジェルネイル周辺のネイルウォールって

ちょっとケバケバしてきてしまう方も

いらっしゃると思うのですね。

結果、1度塗るとジェルの上は

しっかりついているようですが

ネイルウォール周辺はいい感じに取れているので

ざっくり、はみ出しながら塗っておいて

ネイルケアにもなるのでは?と思います。

ただ、エタノールで拭き取れるとあったので

お店に入る前の消毒などで

ちょっと溶けてベトベトするかもですね。

それも、爪にエタノールをつけなければ

大丈夫でしょう。

以上、ボトリングネイルについて

語らせて頂きました。。。

最後にひとつ付け加えるならば

ただただ、いい香りなんだ。これが。

 

じじ

 

良かったら、覗いてみてくださいウインク

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました