我が家の猫との出会い。

猫と暮らしたい・・・・

わかる。わかりますよ。

こんなのが、家でゴロゴロしている幸せ。

 

皆様、こんにちは。こんばんわ。

シュフで猫僕ネイリストのじじです。

 

私も幼いころから動物が大好きで、様々な生命と時を共にしてきました。

ハムスターや小鳥や金魚やメダカ、カブトムシ、亀、ヤドカリ、犬。

どの子も可愛かった。

しかし、猫に関しては初めてのことでして

時々、不思議でなりません。

あのモフモフの巨体が、家の中を自由に歩き回っていることが。

なんという、高等生物なのでしょう・・・・と、日々思って生活しています。

 

我が家の2猫との出会い。

猫と暮らすと決め、猫に出逢う為に行動するあなたに

オススメ というか お願い してみたいのは

できれば、純血種へのこだわりが無ければ・・・

もう、ほんと、差し出がましくて恐縮なんですが・・・

 

いまだ、日々沢山産まれてくる

また、日々様々な理由でおうちを失った

「保護猫」を選んでいただければ幸いです。

保護前の劣悪な環境のせいで、病気やケガをしている子もいますが

ちゃんと育つとミックスたちは身体が強かったりもします。
個体差あるとは思いますが。

 

 

私も猫を探し始めた当初は

ロシアンブル―やラグドールなど

彼らの美しさに、心惹かれていまして

そういった子たちのブリーダーサイトにもよく訪れていました。

また、ロシアンブル―は猫アレルギー持ちにはうれしい

feld1たんぱくをあまり出さない猫だと調べて知ったので

選択肢はそこかなあ、と思っていたんです。

 

そして、連絡してみたのは2件だけでしたが

私が猫アレルギー持ちで治療中ですと伝えると

ブリーダーさん達には、猫への面通し前にお断りされました。

彼らは「生体販売」なので、トライアル期間というものがないのですね。

それはそうです。

2週間も預けてたら、子猫の見た目が変わります(笑)

今思えば、当然の事と思います。

 

でも、それでも、猫と暮らしたいか。

悩む自分に問うて、ある日ふと、思いました。

ミックスも美しい。個性と強さがある、彼らと暮らしたいと。

なので、私は、自分のアレルギーをある程度改善してから

保護猫を選ぶ決意をしました。

記事:猫アレルギーだけど猫と暮らしたい人へ。

 

あと、何十万円もしない。こっそり言いたいけど太字!

だって、猫って後から色々お金かかるんですよ?

一番は避妊去勢手術やワクチンや健康診断などの医療費。

最初に必要なお道具一式それなりのものを揃えれば

10万円~15万円は、当面見ておいた方が賢明です。

そして後に20年生きてくれるとしたら

例えば、リボや分割で購入する選択肢は無いかなと思います。

 

 

保護猫たちとの出逢い方はいくつかあると思います。

①大手里親サイトを活用して探す。

②保護団体のサイトに直接連絡する。

③各自治体などの保護施設(保健所や動物愛護センター)を訪ねる。

④譲渡制度のある猫カフェに行ってみる。

⑤近くの動物病院で保護されている子に会わせてもらう。

 

 

我が家の場合、まずは①です。(でも途中から②(笑))

1匹目の子は、ペットのおうちというサイトでみつけました。

ペットのおうちには、個人で保護され応募しているものもありますし

団体で応募されてるものもあります。

 

私個人の感覚になりますが

団体さんでの登録ですと

その子の保護にかかった費用などを自由に請求できる制度なのか

結構高額な引き渡し料金を設定している所も多かったです。

でも、まあ、そのくらい払えなければ、猫なんて飼う資格ないよ

という所なのかもしれません・・・確かに猫はお金かかります。。。

特に都内の団体さんは、なかなか高額な料金体系でした。

まあ、でも保護猫活動はお金がかかるでしょうから。

必要なことかもしれませんね。

 

あとは、猫の種類、純血種の保護猫だったりすると

いきなり高額な金額でした。

なんとなく、悪質なブリーダーが出産などを引退させた猫を

そこで販売してるのかなって感じでした。
※もちろん、はっきりそうだとは書いてません。でもブリーダーサイトと照らし合わせるとわかっちゃったりします。

まあ、それもレスキューになるのかなあ・・・

でも、そんな扱いひどすぎるなあ、と思って

気づいてしまった時には、心が沈んだものでした・・・。

 

 

最初、私は、まず、何も考えずに写真を見まくってましたので

きゃわーいいーーーー♥♥♥♥♥

と、ひとりはしゃいでいました。(バカですみません)
※ここで1週間くらい無駄にしてるかも。

 

で、考えてみたら、あまり遠いと会いに行けないと思いまして

とりあえず、自分の住所の近県にしぼって検索

その団体のある場所や、どんな費用を請求されているのか
※請求内訳のようなものがページのどこかに記載されています。

猫の紹介文などを熟読しまくり

その文章を書いている人の誠実性を見ていきました。

各団体、恐らく複数の方が投稿文を書いていらっしゃるので

全く違う個性を見出せます。

でも、基本的な条件などは、同じ団体なら一緒なので

メモ帳片手に、大まかにかかる費用や提示されている条件などを

手書きで・・・・

詰めていきました。手書きで(笑)

でも手書き、頭に残りやすいかも。手元も見やすいし。
※ペットのおうちは、登録すると、ブックマーク機能を使えます。

 

 

そんな中、1匹目の子を見つけてしまい

その保護団体さん、ちょっと距離的に遠かったんですが

文章に、猫愛があって

サイトもしっかり更新されていて

ああ、活動されてるんだな感が満載

リスペクトの情が湧いてまいりました勢いで

勇気をだしすぎて保護団体のサイトから直接、連絡してしまいました。

なので、ペットのおうちは、検索のみ活用となったのですが・・・
※ペットのおうちさん、ごめんなさい。

 

 

まあ、1~2通目のお返事の鋭い事、厳しい事(笑)

テストのような質問攻めです。

でも、間違った回答をした場合は

ちゃんと正解をお返事に書いてきてくれます。

猫愛による厳しさですね。

 

恐らくそういったやり取りを

実際、今の猫の預かり親さんや、担当のボラさんで確認しあいながら

里親を決めていくんだと思いました。

だって、それしか見極める術ないですもんね。

当然と言えば当然の質問攻めです。

 

そして、この保護団体さんは

トライアル期間を1週間程設けている団体さんでした。

ただ、やはり我が家は、距離的にちょっと遠かったので・・・

ぶっつけ本番気味で。

 

もう、ミルクあげてた預かり親さまご本人が自ら運転し

保護団体の事務担当さんとお二人で

お約束の日を設け、猫を届けてくださるという感じでした。

なにかあったら(アレルギーの悪化など)ご連絡ください方式で(笑)

 

 

実際、他の里親サイトなども見て回りました。

でも、ちょっと更新されていない情報などもあったりして

わあ!この子!と思ってサイトやブログを見てみると

日付をみると2年くらい経過していてガッカリ・・・な事もしばしばでした。

でも、そういうのは、見ていくうちに

「あれ?なんか記事が古い感じするな?」とか

なんとなく、わかってきます。多分・・・

 

 

我が家の2匹目の子↑を検討した際

最初の子を頂いた保護団体さんに連絡しようかと思ったのですが

兄弟の子を断っていたため、その件では連絡しづらく。
(初めての猫なので、最初は1匹で飼育したいなどの我が儘を言いまして・・・)

 

ジモティというサイトから見つけた保護団体さんが

その頃、なにやら気になりまして

正月早々、連絡させて頂きました。

ですのでこちらも、②になります。

 

結果、最初に連絡した際に会わせて頂いた子とは

違う子を引き取らせて頂くことになりました。

最初の子は、かなり神経的に弱っていた子で

先住猫のいるおうちではきついかも、という事でした。

 

そのお返事を頂いた際、何より驚いたのが

「明後日、ひとチーム預かってくるんで、良かったらその中から選んでください」というのです。。。

え、チーム?どういう事?

 

この保護団体さんは、群馬の動物愛護センターから連絡が入ると

とりあえず、保護された子猫をひとまとめに預かってくるという

凄まじく、肝っ玉の太い団体さんで

具合の悪い子は、預かりボランティアさんの所でケアしてから

里親に引き渡すという事をされています。

すごいっす。

 

こちらの団体さんには保護先に何度か伺わせて頂き

実際に猫と対面してから

日程を決めて、我が家より車でお迎えに伺いました。

私の場合は、先住猫との相性の良し悪し話をよく聞いていたもので

そこにちょっと不安がある旨を伝え

一応、何かあればご連絡する、という形にさせて頂きました。

こちらの団体さんは、基本トライアル期間は設けていないと仰ってました。

 

最初に書いた猫に出逢う方法として挙げた

 

③各自治体などの保護施設(保健所や動物愛護センター)を訪ねる。

④譲渡制度のある猫カフェに行ってみる。

⑤近くの動物病院で保護されている子に会わせてもらう。

 

については、経験がないので、何とも申し上げられないのですが

まずは、③と④は里親になるかならないか決める前に

気負いなく直接猫と何度か会える点において、良い選択肢だと思います。

⑤についても、動物病院という動物のプロがいる場所ですので

その後の対応などに関しても安心できます。

なかなか、近所で良い動物病院を探すのって結構大変なんですよ。

遠いと、行くのも大変ですので

保護団体さんやブリーダーさんとご縁があった場合は

そのあたりを聞いてみるといいかもしれません。

 

ちなみに、最初にご縁のあった保護団体さんからは

メールのやりとりでの質問事項に

①お近くに評判の良い動物病院はありますか?

②また、そこが、あまりよろしくない病院だったらどうしますか?
ちょっと文言違いますが。

的なご質問を頂きました。回答として

①ネットですぐ調べて、とにかく近くて口コミが良いのはこことここです。

②「探しまくります。」

と答えました。(笑)実際その通りに動いています。

 

2匹目の子の時の保護団体さんは

比較的近い区域だったため、避妊手術のための病院を紹介して頂きました。

その方が、手術代が安く済むことが多いので

聞ける雰囲気なら聞いてみた方がいいかもしれません。

 

ちなみに、我が家の猫のどちらの保護団体さんも

猫を引き渡す際の料金として提示されたのが

・健康状態のチェックやノミダニの駆除

・1回目の予防接種

などを終わらせた状態で

基本的に¥17,000程で

あとは、お届け頂いた際の交通費などでした。

ご参考までに。

その後、賛助会員として時折

少額ではありますが、ご寄付させて頂いています。
※全く勧誘などはありませんでした。

 

 

もうね、どちらの保護団体さんもリスペクトの嵐。

すごいです、あの人たち。

そして何より、感謝しかありません。

私の宝物との出会いを生んでくれた方々です。

 

皆様に、猫たちに、良い出会いがありますように。

 

じじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました