ワクチンへの理解。

ホットカーペットの上に置いた猫ベット。
左の箱+タオルの方がやや人気ですニコニコ
さて
ワクチン打つ、打たない問題について
それぞれ自身の身体の事なので
あまり公に話す事でも無いと思うのですが。
まず、私は、コロナワクチン
まだ打ちたく無いなあと
思っている人間です。
しかしながら、一部で囁かれている
陰謀論とかに興味はありません。
そこまで人間を疑ったら
人間として生きていくのしんどく無いかな?
と思います。
しかしながら私は
医療を信じ切り、頼る考え方でもありません。
医療で、自分の身体の事が
全て解決できると思ってません。
私は子宮筋腫と共存してきて
そういう考えに至っています。
なので、随時
身体の声を聴くように生活しています。
※といっても、聖人のような生活はしてません(笑)
そして先日、高齢のお客様の一人から
「ワクチン打たない人は、自分の事しか考えてないんだよ。自分勝手。あと自信過剰。云々。」※略
とのお言葉を頂きまして
この文章を書いています。
まず、そういった事を口に出来る事は
大変素直な事だと思います。
そして、ワクチンを打ちながらも
なんらかの不安を抱えていらっしゃる事
お察し申し上げます。
昨今、ワクチンを打つ打たないは
個人の自由、と曰われていますが
ワクチンパスポート云々の問題をみておりましても
同調圧力のようなものが
巷にじわじわと広がってきているのを感じます。
これは、ひとえに
「不安」というものの現れなのかなあと察します。
ワクチンを打つ理由はそれこそ様々でしょう。
コロナウイルスへの恐怖が減るからとか
集団免疫が獲得できるから
みんなが打ってるから
打つのが当たり前だから。
でも私は今回のワクチンはもちろん
全てのワクチンの有用性って
証明出来ないのではないかな?
と思っています。
また、副作用についても同じように思います。
なので私は自分なりに
このコロナワクチンについて
それぞれの分野で
そのことに詳しい人達の文章など
なるべく、感情的でない文章と情報に
注目してみています。
それは、私にとって正しい事でありますが
誰しもにとって正しい事ではありません。
だから、納得できた時に打つのは正しいと思いますし
人の事に口出すべきで無いというのは
その人が納得して、身体に施すべきだから。
そういう事なんだと思っています。
この問題、めんどくさいからと放置せず
ワクチン、もう打ったから
ワクチン、打たないと決めたからと
情報を得ないのではなく
打った人も打って無い人も
自らと周囲のための感染対策と
テレビなどの、ぼーっとしてても
入ってきてしまうようなものでは無い
有益な情報を求めて収集する事など
そこに意識を保ち続ける事こそ
本当の集団免疫獲得に必要なことと思うのですが
如何なものでしょうか。
ワタクシ、世界平和は、隣人への愛から・・・
と、考えるイチ庶民です。
攻め合っていれば
イタチごっことなるのでは・・・
と、感じています。
何しろ急に寒さが増してきました。
普通のお風邪も召します季節。
皆様、お身体、ご自愛くださいませね。
じじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました