ジェルのプレパレーションからベースまで。

皆様、こんにちは、こんばんは。
じじです。

実はジェルの工程で一番大切なプレベースの作業。
これのやり方如何によって
仕上がりや持ちにすさまじく差が出ます。。。

まずは、自爪のケアについてご理解頂いた上で読み進めて頂きますと
より、プレベースについてお分かりいただけると思います。

プレパレーション(プレベース)とは・・・
ジェルオフをした後や素の爪に
これからジェルネイルを装着する時
ジェルネイルを装着できる爪の状態に整える作業になります。

これ無しでジェルの作業は考えられません。。。

先ずは、カット、甘皮処理。を行います。
これについては、自爪のケアについてという記事を
よろしければご参照ください。

また、ネイルマシンをお持ちの方でしたら
ジェル塗布前の甘皮処理はマシンのみで行う、という方もいらっしゃいます。
乾燥するとは思いますが、その方がその後の持ちがよいという方もいるので
それぞれの考え方次第かと思う部分であります。

↑こちらはダスターが一体型になっているものです。
音がかなりうるさいですが・・・マシンもダスターもしっかり使えるシロモノ。
お値段がネイル市場的には、ちょっと不安になるくらい安いです(笑)

しかし、ダスターとの一体型なので、マシンのみ使いたい時に不便です。
※基本オフの時とかじゃないとダスター使いませんしね。
プチプラ系でいいので、マシンのみのものもあった方が便利です。

↑お安めですが機能としては十分だと感じます。。。
用途がセルフのみなら、もっと下の機種でもいいかもと思います。

私が購入時にマシンを見るポイントは
・回転数(単純に馬力ですね。)
・充電方式が何であるか(USBか?アダプターか?など、便利な方で。)
・回転方向の変更ができるかどうか(右回転と左回転が切り替えられないと不便な時があります。)
・ビットの着脱方法(ロック式推奨。単に差し込むだけのビットが怖いだけです(笑))

・・・あたりでしょうか。

ちなみにビットは最初からついているものは
ほとんど使用しません。
私は、オフなどの粗削り用には、セラミックビットの粗目(摩擦熱が出にくいです。)
甘皮作業には、グリーンビットと呼ばれる
目が細かめで、小さ目のビットを別に用意して使っています。

甘皮処理を、マシンのみで行うのでしたら
このグリーンビットが欠かせません。

↑こんなやつです。私は小さい方を使ってます。
これで、甘皮周りを優しく削っていくことで
甘皮から爪甲根本部分に生えている
ルーズスキンと呼ばれる、余分な皮膚片を取り除いていきます。

ふやかさずに行うと白い粉が出てくるので
削っている所がよく見えなくなりがちです。
削り過ぎに注意してください。

マシンを当てる力を弱めに、優しく
とりあえず、2往復もすれば十分と思って頂ければと思います。
(※もちろん状態と人によります。)

そして、やはり、優しく
薄手のガーゼハンカチか水に濡れても切れないタイプのキッチンペーパーを
親指に巻き付けて握り↓先を水などで湿らせて
押し上げて出てきたルーズスキンを甘皮に沿って拭き取っていきます。

拭き取り切れなかったルーズスキンや
ちょっと飛び出し気味の甘皮をキューティクルニッパーでカットします。


最後に、爪甲表面が、完全になめらかに仕上がっているかを確認して
※これ、とても大事。

バリなどが出ていたら、スポンジファイルなどでサッと除去。

そのあとは、とりあえず
メーカーごとにあるプレベース類とベースを塗っていきます。
塗る回数などは、メーカーごとに基本の指定があると思うので
はじめは、そちらの指示通りにやってみるのが良いと思います。

私は、現在、グレースジェルをメインに使っておりますので

こちらを全体に塗ってから(ライトに入れる必要はありません。)

↓こちらを塗って、1分以上mixライトにて硬化し

↓こちらのベースを2回塗りします。(※デザインやお客様の要望によっては1度塗り。)

2回塗りする理由は、リフトしづらくなるからです。
ベースジェルは基本的に柔らかい素材のものが多いので
そこにほんの少し厚みを持たせると
爪甲にかかる爪圧という衝撃を少し緩衝してくれるのだと思います。
手作業、水仕事の多い主婦の方には、よいようです。

ただし、オフもしづらくなるので要注意なのです( ;∀;)

ちなみに、オフしづらいの嫌だったり
アセトンが痒くなったり、後で荒れたりして苦手。
という方は、ピールオフタイプのベース(はがせるベース)がおススメです。

このベースは、一番最初に塗る
アシッドレスプライマーのすぐあとに使用します。

爪全体にこれを使用しますと
先から剥がれてきやすいと感じましたので
この商品の口コミからパクリまして(笑)
先だけ、ベースジェルを使ったら3~4週はもつようになりました。
はがせるからって、侮れないベースです。
ちなみに、ワタクシ、自分の爪には
このピールオフベースを使用しています。


またちょっと、先だけベースジェルにするにはコツがいります。

一度全体にピールオフジェルを塗ってから
バックワイプと言って何もついていない筆で
先だけ5mmほどぬぐい取ります。

そして、そのぬぐい取った所だけにベースジェルを
そっと置く感じで塗っていきます。
けして、ピールオフとベースジェルを重ねたり混ぜたりしてはいけません。
はじき合って大変なことになります。

なので、ピールオフベースとベールジェルの間に
ほんの少し溝ができると思うのですが
そこは、私は、クリアジェルかミキシングジェルという
カラー、トップ系のジェルで薄めにコーティングして均します。
なので、ちょっと・・・コツというか・・・技がいります。

当然の事なのですが
ベースジェルとクリアジェル、ミキシングジェルは
見た目がそっくり(笑)ですが成分が全く違います。
意識して使ってみると、それぞれの特性を生かして
どんどん工夫していけると思います。

以上、本日はこの辺で・・・
ご参考にして頂けましたら幸いです。

じじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました